Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求


広大な自然と純朴な子供
達に囲まれて、アシスタント
教師をしてみませんか!
詳細はこちら


カリフォルニア大学語学研修プログラム
世界的にも有名なカリフォル
ニア大学のエクステンション
で語学研修にチャレンジして
みませんか!
詳細はこちら

アシスタント教師派遣


アメリカ/オレゴン州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム

 「インターン生活半年をふりかえって」 体験談一覧へ

参加者名: 三宅陽子さん
出 発 年: 2009年〜現在
派遣地域: アメリカ/オレゴン州
派 遣 校: Richmond Elementary School

 ここPortlandに来る迄はあまり現地の雰囲気が想像出来ず多少不安がありましたが、いざついて生活してみるとOyanokaiやHost familyをはじめとする周りの方々の多大なる暖かさに驚いてしまう程です。皆さんVolunteerで私たちinternを支えて下さり、困っていることはないか、常に気にかけて下さいます。このようなcommunityはアメリカでも稀だと思いますし日本にはないと思います。素晴らしい環境の下でインターン生活を送れることに常に感謝しています。
 学校では私は2nd graderの2クラスを担当しています。2人の先生の教室を交互に回ることにはもう慣れましたし、同じ学年で別々の先生のクラスを観ることができるのは自分にとってとても役に立ち、また色々と比較出来たりして面白いです。先生方は二人ともとても親切で丁寧にわかりやすく仕事のやり方を説明して下さいます。最初まだ仕事や生徒との接し方に慣れない頃は毎日何か相談がないかを聞いて下さったり金曜日に私が今週の反省をノートに書いてそれについてコメントを下さるというシステムを取って下さったりもしました。私は自分の仕事は遅いほうだと今までずっと思っていましたが、先日は1人の先生が私の仕事は早いと褒めて下さりとても嬉しかったです。生徒は皆純粋でとてもかわいいです。休みが続くと彼らに会えなくてさみしいですし、逆に日曜の夜には次の日彼らに会えると思うとワクワクする程です。この学校に来てアメリカ人の小さな子供が日本語を喋っているのを初めて聞いた時は、アイセックのオフィスで観させて頂いたビデオを思い出し、とても感動したのを覚えています。
 
  
 最初の2〜3日は子供への接し方に多少戸惑ったり、注意したり呼んだりしたいときにもまだ名前が覚えられていなくて苦労したりでとても疲れ、夜にはグッタリしてすぐ就寝してしまう程でしたが、そんな事などまるで無かったかの様に一週間後にはすぐに慣れて学校に行くのがとても楽しみになりました。100人弱いる生徒の名前を覚えるのは本当に苦労しましたが、やはり覚えて一人一人名前で呼ぶと生徒との距離がぐっと近くなる気がします。毎日会う生徒の笑顔、ハグは私の宝です。今までに数えきれないくらいの嬉しい出来事があります。そのような子供との時間は語学留学などでは体験できないことなので、このプログラムでアメリカに来られて良かったと心から思います。生徒と接するときはユーモア、笑顔を忘れないよう心がけています。どんな子でも楽しいことが一番好きです。彼らから私が笑顔にしてくれたり、逆に私が彼らを笑顔にすることが出来た時にはとても幸せな気分になります。少しばかり怒らなければならない時、注意しなければならない時ももちろんありますが、楽しむ時、褒めるときをきちんと作れば彼らとは良好な関係が作れるのだと実感しました。

 放課後のtutoringでは、マンツーマンなのでよりよく生徒のキャラクターや弱点などを知ることができるのでそれがクラスでのアシストの際に活かされます(大勢のなかにいると見つけにくいことが多いので)。Host familyの方々も本当によくして下さいます。host brotherはJmpの生徒で家では彼とは積極的に日本語で話すようにしています。それがhost mother, fatherへの恩返しの一つになると思います。host motherはrunnerなので毎日一緒に走りに行きます。それで良いコミュニケーションも築けます。毎晩紅茶をいれて映画やドラマを一緒に観ようと誘ってくれたり本当に素晴らしい家族だといつも感謝しています。また、休日や平日の夜にインターンの友人のホストの家へ遊びに行くこともしばしばあり、それもとても楽しいです。友達のホストもとてもウェルカムで、遊びにいくと、「夕食を一緒に食べて行ってよ。」と言ってくれたり泊まりに行くと夜一緒に色々楽しい話をしてくれたりします。Host family以外の方々もとてもウェルカムな方々が多く、生徒のお宅で夕食に誘って下さったり誕生会に誘って下さったり、ESLの先生がパーティーを開いて下さったり、インターン全員を招いてクリスマスパーティーを開いて下さる保護者がいたりと、様々なイベントで目白押しです。


 こんな素晴らしい生活をこちらで送っているので、時はあっという間に過ぎ、あと二カ月少しで帰国しなければならないと考えるととても寂しい気持ちになります。しかしこの一年間の思い出は様々な点で私の将来に活かされると思います。



Copyright© 2002 - 2008 ISECE. All rights reserved.