Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求




 アメリカ ・オレゴン州ポートラ
 ンド市教育委員会のプログ
 ラムに参加してみませんか。

     >> プログラムページ



 アメリカ/カリフォルニア州に
 あるカリフォルニア大学のエク
 ステンション語学研修プログラ
 ムにチャレンジしてみませんか

     >> プログラムページ


アシスタント教師派遣


アメリカ/オレゴン州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム

 「たくさんの経験とすばらしい出会い」 体験談一覧へ

出 発 年:2004年
派遣地域:アメリカ/オレゴン州
派 遣 校:Richmond Elementary School

アメリカでの生活は本当に最高でした。

 2004年8月から2005年7月までアメリカのオレゴン州にあるポートランドで小学校のインターンを経験して
きました。大学で日本語教育の勉強をしてきて、以前からいつか子供達に日本語を教えたいと思っていまし
た。

 念願叶い、イマージョン教育実施校のリッチモンド小学校でのイン
ターンを体験しました。この学校は、日本語と英語を使って学んで
いくイマージョン教育をしており、一日の半分を日本語を使って勉
強し、あとの半分を英語で勉強するという、日本ではまだ普及して
いないしくみでした。

子供達はアメリカの子供達で、まったく日本語に縁がない子がほとんどで、少し日本人の両親を片親にもつ
子供がいましたが、私は公立の小学校でこのような方法をとって学んで行くというのに当初びっくりしました。子
供達は幼稚園から日本語を使いだし、小学校卒業の5年生の段階では、個人差はありますが、日常会話
はできるようにまでなっています。本当に子供の順応生には驚かされました。

 私が担当していた小学校3年生から一気に勉強レベルも難しくなり、漢字やスピーチなどを学んでいきま
す。3年生は全員で52人いましたが、クラスを半分に分けて、片方のクラスが英語で勉強している時は、もう
一方のクラスは日本語で勉強していきます。私はその日本語のクラスで子供達と毎日ふれあってきました。
子供達すぐに私にうちとけてくれ、私も52人の子供達の名前もすぐに覚えられるくらいよく触れあえることがで
きました。本当に子供達と毎日会い、話すことは私によって大きな刺激であったし、楽しそうに話をしてくれる
顔などをみると本当に幸せでした。私が学校でする仕事はいろいろありましたが、担当の先生をサポートする
ことが大半でした。授業に集中できない子供を注意したり一緒に課題に取り組んだり、宿題をチェックしたり、
授業作りに参加したりといろいろしてきました。それ以外にも、子供達と一緒にランチを食べたり、昼休みをす
ごしたり、1日子供達と関わっています。放課後にはチューター(家庭教師)をして、その子供の日本語力が少
しでも上手になるように、また興味をもってもらうように取り組んできました。

 生活面ですが、この10ヶ月間はずっとホームステイでした。3ヶ月に1度ホスト先が変わり引っ越しました。ホ
ストには本当にいろいろな家庭がありました。一軒目のお家は、中学生と高校生の子供たちがとても日本語
が上手で会話はいつも日本語でした。その姿をみていたホストパパとママが紘子が来てくれて本当に良かった
と言ってくれました。2軒目のホスト先ではインフルエンザにかかってしまい、しんどそうな私にお医者さんのホスト
ママは病院に連れて行ってくれたりといろいろなサポートをしてくれました。本当に周りの色々な人がサポートし
てくれたことに感謝しています。先生方や親の会のみなさんもとても親身的で大変なアメリカ生活をスムーズに
なるようにしてくれました。また、一緒に働いた七人のインターンメンバーも今回のアメリカ生活が最高であった
大きな要因でした。環境や年齢は別だったけど同じことで悩み、相談しあい、助け合い、同じ喜びをわかちあ
えたのはこのメンバーが本当によかったからだと思っています。この仲間は本当に大切な人たちです。

 本当に一度きりの人生にアメリカに行くことができたくさんの経験とすばらしい出会いがあり、そしていい仲間
に出会えたことは、私のこれからの宝物であり財産です。このような体験をさせてくれた両親にも感謝でいっぱ
いです。この財産をもってこれからの人生をもっと飛躍できたらいいなと思っています。



Copyright© 2002 - 2008 ISECE. All rights reserved.