Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求


広大な自然と純朴な子供
達に囲まれて、アシスタント
教師をしてみませんか!
詳細はこちら


カリフォルニア大学語学研修プログラム
世界的にも有名なカリフォル
ニア大学のエクステンション
で語学研修にチャレンジして
みませんか!
詳細はこちら


アシスタント教師派遣


アメリカ/オレゴン州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム

 「学んだことは、一言では言い表せません」 体験談一覧へ

出 発 年:2005年9月〜2006年3月
派遣地域:アメリカ/オレゴン州
派 遣 校:Mt. Tabor Middle School

 私は、日本語教師になることが夢で、こちらに来ました。大学の
専攻は英米文学なので、日本語教育については独学で、こちら
に来てからもやり終えていない日本語教育の通信教育の教材
を使って勉強していました。

渡米した時は日本語教師になりたい一心でしたが、その思いは、
こちらに来て変わりました。それは、日本語イマ―ジョンプログラム
(JMP)に携わる「親の会」の方々の協力体制をみたからです。
「親の会」はとても学校に協力的で、そして、教育に対して熱心
です。このような体制が公立学校でとられていることに、大変感激
しました。だから、私は、日本の公立学校でも地域の人が手を取
り合い、子どもたちの教育のために、協力しあう体制づくりをした
いと思うようになりました。

 ここで学んだことは、一言では言い表せません。楽しいことばかりであったとは、言い難いですが、苦労
した分、成長できた気がしています。そして、私がここで働けるのは、多くの方々に支えられてのことです。
本当に感謝しています。

 ホストファミリーは、日本文化に興味のある方々でした。子どもに浴衣を着せてあげたり、日本料理(「肉
じゃが」が好評でした)を作ったり、部屋に生け花を飾ると、とても喜んで下さいました。また、ホストファミリー
も、私が黒人文学に興味があるのをご存知で、南部の伝統的な料理を教えて下さったり、誕生日には、
黒人作家の本をプレゼントして下さったりとても素敵な時間でした。ファミリーとの思い出で、一番印象に
残っているのはクリスマスの時期です。大きなクリスマスツリーを山まで切りに行って、飾りつけをし、クリスマス
ツリーの下にはプレゼントを置いて、クリスマスの朝を楽しみに待ちました。クリスマス当日の朝は、早起きを
してホームレスの人達に朝食や洋服を配った後、楽しみにしていたプレゼントを開け、のんびりとした時を
過ごしました。

 私は素敵なホストファミリーと出会えてとても幸せでした。これからも良い関係でいられれば、と思っています。

一日のスケジュール

時 間 行 動
   5:30 〜  6:00 起 床
   7:00 家を出る
   8:00 〜  9:00 チュータリング
   9:15 〜 15:45 中学校
  16:30 〜 17:30 チュータリング(小学校)
  18:30 夕 食
  19:00 〜 自 由
  23:00 就 寝

放課後や週末の過ごし方


 *カフェでお茶をする *ホストファミリーと食事にいく *ホストファミリーや友人と映画に行く
 *長い休みではホストファミリーとシアトルにも行きました。
 *PCC(Portland Community College)で夜間(19:30〜21:45)のENNL(English as
   Non-Native Language)のリーディングのクラスに参加
 *ホストマザーから料理を学ぶ *近所のパーティーに参加
 



Copyright© 2002 - 2008 ISECE. All rights reserved.