Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求




 アメリカ ・オレゴン州ポートラ
 ンド市教育委員会のプログ
 ラムに参加してみませんか。

     >> プログラムページ



 アメリカ/カリフォルニア州に
 あるカリフォルニア大学のエク
 ステンション語学研修プログラ
 ムにチャレンジしてみませんか

     >> プログラムページ


アシスタント教師派遣


アメリカ/オレゴン州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム

 「元気いっぱいの子供たちに囲まれて」 体験談一覧へ

出 発 年:2006年4月〜2007年3月
派遣地域:アメリカ/オレゴン州
派 遣 校:Richmond Elementary School

 2006年4月から1年間、アメリカオレゴン州ポートランドの大自然の中、元気いっぱいの子供たちに囲まれ
て生活してきました。もともとイマージョン教育に興味があり応募したのですが、以前アメリカで高校生に日本
語を教えていた経験を生かせると思い高校を希望したところ、幼稚園の派遣になりました。小さい子供を扱う
仕事をした経験があまりなく、ちゃんと子供に受け入れてもらえるのか、子供の面倒をみられるのかと心配の
多いスタートになりました。

 派遣されたリッチモンド小学校はちょうど拡大している最中で、
9月の新学期から幼稚園のクラスも倍の4クラスに増えました。
私は9月から新クラスの担当になり、教室も空き部屋の状態から
幼稚園のクラスを作っていき、生徒たちも初めて集団生活をする
子がほとんどで、授業の流れが出来る最初の1〜2ヶ月は大変
でした。また、小さい子を相手にしていたので腰痛にも悩みまし
た。それでもふとした時に生徒がハグしてきたり、習った日本語で
自分の気持ちを懸命に伝えようとする姿勢がかわいらしくてしょう
がなく、いつのまにか子供が大好きになっていました。

生徒たちは日本語を勉強するのも始めての子が多かったのですが、子供の言語取得能力にはびっくりさせ続
けられました。昨日習ったばっかりの単語をすぐに別の場面で使っていたり、最初の1週間から子供の変化に
気づきました。学年末の6月まで生徒の成長が見られなかったことがとても残念ですが、いい生徒にめぐり合
えてラッキーだったなと思います。

 1年に3回変わるホストファミリーも私の場合は1年間同じホストにお世話になりました。学校から少し遠め
のSW地区に家があったのですが、そこからバスを乗り継いで学校まで約1時間かけて出勤していました。ホス
トはとても若い夫婦で奥さんとは年齢が2歳しか違わなく、姉妹のように接してくれました。男の子2人、女の
子1人のお子さんがいる家庭で毎日が賑やかでした。特に一番下の3歳の女の子は私に懐いてくれ、よく私
の部屋に来ては遊んでいました。家族の一員として受け入れてもらえてキャンプや旅行、ゴルフやスケート、
ボーリング、カラオケなどホストとは楽しい思い出が沢山作れました。

 この1年間は出会った人たちから様々なことを学び、収穫の多い一年になりました。一緒の時期に派遣され
たインターンのメンバーが個性豊かで素晴らしい仲間だったのもこの一年が貴重な経験になった大きな理由だ
と思います。今後もインターンのメンバーとは刺激しあいながらお互い更に成長していけると信じています。最
後になりましたが、このような機会を作っていただいたISECEの方々、私たちをサポートしてくださったリッチモン
ド小学校の先生方、ホストファミリー、親の会のメンバーの方々に感謝の気持ちを表します。ありがとうござい
ました。



Copyright© 2002 - 2008 ISECE. All rights reserved.