Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求


広大な自然と純朴な子供
達に囲まれて、アシスタント
教師をしてみませんか!
詳細はこちら


カリフォルニア大学語学研修プログラム
世界的にも有名なカリフォル
ニア大学のエクステンション
で語学研修にチャレンジして
みませんか!
詳細はこちら

アシスタント教師派遣


アメリカ/アラスカ州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム

 「出会ったすべての方に感謝」 体験談一覧へ

参加者名:Y・Sさん
参加年度:2013-2014
派遣地域:アメリカ/アラスカ州
派 遣 校:Sandlake Elementary School

 大学で、「イマージョン教育」の言葉を聞いたことはありましたが、現場を今まで見たことはありませんでした。また、インターン先の学校について日本語イマージョン教育の行われている小学校とは知っていても詳細はよくわかりませんでした。今だから言えることですが、新天地での新たな生活に不安が大きかったです。でも、いざアラスカに着いてからは「不安」を感じる私個人の気持ちより、周囲の方のインターンに対する気遣いを感じることがとても多かったです。

最初のホストには到着2日後にステイトフェア(州のお祭り)に連れて行ってもらったり、日本から知人が来た際には一緒に泊めていただき、観光にも連れて行っていただきました。スペイン語が家族の共通言語でしたが、私がいる時は英語で話すようにしてくださったり、時にはスペイン語を教えてくれたりもしました。2軒目のお宅もスキーやスケートなどアラスカの冬を楽しむ方法を教えてくださいました。

2軒の異なった家庭で生活させていただけたことは、自分が将来家庭を持ったとき、とても役立つものだと思います。ホストとの生活は、妹や弟のいない私にとって憧れの生活でした。また、アメリカの食生活に対して不安を感じていましたが、どちらの家庭も野菜をたくさん使った料理で、どれも美味しくて日本にいるときよりも健康になったのは、予想外でした。

私はサンドレイク小学校の3,4年生でインターン活動をさせていただきました。ここは、学校の半分が日本語イマージョンプログラムを採用しており、パーシャルイマージョン(50%日本語、50%英語で授業を受ける)の形でした。
 日本語: 理科、社会、日本語/英語: 英語、算数

インターンとしての役割はメンターの先生によって異なると思いますが、私の担当学年では、主にクラスでのアシスタント業務でした。日本にいた頃は普段、小さい子と接する機会がなかったため、最初のうち生徒とどう接するべきかわかりませんでした。また、インターンという立場もどこまでのことをやるべきかわからず戸惑っていました。そんなとき、周りのたくさんの方に助けていただき乗り越えることができました。メンターの先生お二人には、クラスでのことはもちろん学校外でも、理科の研修に連れて行っていただいたり、家に招いていただいたりととてもお世話になりました。

また、ここに来たおかげで和太鼓に興味を持ちました。週に1回の放課後、黄野ご夫妻に教えていただきました。ほとんどのインターンは初心者でしたが、とても丁寧にご指導してくださり、充実した時間を過ごすことができました。みんなで1つの曲を完成させることがこんなに気持ちのいいものだとは知りませんでした。太鼓の練習も含め、インターンとの関わりも私にとって大きなものでした。一人ではできないこともみんながいたからやり遂げられたと思います。

また、色々な性格の人に出会うことができるのもこのインターンシップの利点だと思います。年も違い個性的なメンバーで話を聞いているだけでも楽しかったです。
メンターの先生、ホストファミリー、同期のインターン、アラスカで出会ったすべての方、ISECEの方々に感謝いたします。このような貴重な体験の場を与えてくださりありがとうございました。



Copyright© ISECE. All rights reserved.