Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求


オレゴン州ポートランド市
教育委員会公認のプログラ
ムに参加してみませんか!
詳細はこちら


カリフォルニア大学語学研修プログラム
世界的にも有名なカリフォル
ニア大学のエクステンション
で語学研修にチャレンジして
みませんか!
詳細はこちら

アシスタント教師派遣


アメリカ/アラスカ州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム

 「1年頑張っていい思い出を作る」 体験談一覧へ

出 発 年:2006年参加
派遣地域:アメリカ/アラスカ州
派 遣 校:Mears Middle School

 私は、Mears Middle Schoolという中学校で現在日本語アシ
スタントして活動しています。教えている学年は、7thと8thの二学
年で、2名の日本語の先生についています。日本語の授業は2つ
のレベルに分かれています。1つはSand Lake Elementary
Schoolでイマージョン教育を受けてきた生徒のクラス。もう1つは、
選択科目で日本語を初めて勉強する生徒のクラスです。イマージョン教育をうけてきた生徒は驚くほど上手
に日本語を話しますし、選択科目で日本語を習い始める生徒はとてもやる気や興味があります。両方の
生徒の様子を見られることが、中学でインターンをすることの利点だと思います。
 インターンの仕事は、先生と一緒に授業を作ることです。まだまだ資料や教材が充分ではないので先生や
インターンの仕事はとても多いですが、その分とてもやりがいがあります。放課後には、希望する生徒のチュ
ーターをしています。

ホームステイ先は、学校から少し遠いので両親が送り迎えをして
くれます。部屋は、地下のお風呂とトイレ(ユニット)付きの一部
屋を使っています。朝は自分で軽く食べ、昼はインターン用の食
事、夜は両親が作ってくれる食事を頂いただいています。

 食後や休日は、ホストファミリーと一緒に過ごします。子供たちとはほとんど日本語で話し、両親は日本
語が話せないので英語で話します。ホストの方は、何が食べたいか、部屋は快適か、体調はどうか、学校
はどうか等とても気遣ってくれています。そしてこちらも遠慮せずにいろんなことを話します。誤解やすれ違い
が起こらないようにするためには、質問やお願いがあったらきちんと話すことが大事だと思います。そうすること
で、ほんとうに家族のように楽しく過ごせています。日本に帰っても連絡をとりあったり行き来したりして、一生
よい関係でいられると思います。これから1年頑張っていい思い出を作るつもりです!



Copyright© 2002 - 2008 ISECE. All rights reserved.