Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求


オレゴン州ポートランド市
教育委員会公認のプログラ
ムに参加してみませんか!
詳細はこちら


カリフォルニア大学語学研修プログラム
世界的にも有名なカリフォル
ニア大学のエクステンション
で語学研修にチャレンジして
みませんか!
詳細はこちら

アシスタント教師派遣


アメリカ/アラスカ州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム

 「参加して1ヶ月」 体験談一覧へ

出 発 年:2011年参加
派遣地域:アメリカ/アラスカ州
派 遣 校:Sand Lake Elementary School

(クラスについて)
 子供たちはとても素直に授業についてきます。集中力が長く続かないので、どこまで教師として授業に集中させることが出来るのかが授業に大きく関わってきます。同じことを続けるともう子供は飽きてしまい、よそ見をはじめトイレに行って時間を稼ごうと考えます。
 先生は、そうさせないために、間に歌を入れたり踊ったり本当に忙しく内容を変えていきます。私も同じように朝の20分を授業としてさせてもらっていますが、歌と踊りにさらに大きなジェスチャーを彼らに示すだけでへとへとになります。
 幼稚園と1年生なので、集中力が切れないように、彼らをどのように導くのかが難しい。先生が言うには大げさにふるまい、体全体を使って感情や言葉を伝える事だとのことですが、まだ慣れないのでうまくいきません。
 細かい配慮も彼らには必要で、あらゆる事を頭の中で考えながら、その上体を使ったジェスチャーも同時進行しないといけないのですが、自分の事で精一杯でそれが出来ない時があります。
 子供たちが自由奔放なので戸惑います。家に帰りたいと泣いたり喧嘩したり。幼稚園なので仕方ない部分もあるのですが、その分その生徒の授業が遅れます。その際には、しっかり教師として接するようにしていますが、それでも親と同じように甘えて接してくる子供がいます。

(クラス準備)
 授業の合間にするので中途半端に終わることもしばしばです。放課後に残ってやりたいのですが、今はホームステイ先に送り迎えをお願いしているので、一緒に帰らないと帰る方法がなくなります。主にプリントのコピーが多いですが、子供たちが作成する教材のもとを切ったり張ったりします。

(1ヶ月経って)
 こんなにたくさんの子供と接することが無かったので、彼らをどのようにまとめて指導出来るのか日々奮闘しています。また幼稚園の英語は発音や文法がしっかり出来上がっていないで、大人より聞き取りにくいです。生活面で慣れないことは特にないです。

(ホストファミリー)
 夜の7時に空港に着いたので、初の対面時に特に大きな歓迎はありませんでしたが、次の週にキャンプとフィッシングに連れて行ってもらいました。
 学校から帰ってからメールのチェックをして、ディナーの手伝いとその片づけをしています。ディナーの間はゆっくりとおしゃべりしながら時間をかけて過ごし、コミュニケーションを取るようにしています。
 毎日学校の後、子供が習い事に行っているので、それについて行ったり、買い物に行ったりしています。
 家庭の方針で子供たちに後片付けや掃除をすることを徹底させているので、ヘルプのような形で手伝います。その後、部屋になるべく籠らず、リビングで過ごすようにしています。

(その他)
 黄野先生のお誘いで、太鼓を習いに行っています。日本でもこのような機会に会うことが出来なかったのでとても良い機会だと思います。今後はチューターなども出来ればやりたいと思っています。




Copyright© 2002 - 2008 ISECE. All rights reserved.