Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求


広大な自然と純朴な子供
達に囲まれて、アシスタント
教師をしてみませんか!
詳細はこちら


カリフォルニア大学語学研修プログラム
世界的にも有名なカリフォル
ニア大学のエクステンション
で語学研修にチャレンジして
みませんか!
詳細はこちら

アシスタント教師派遣


アメリカ/カリフォルニア州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム

 「インターンシップ体験談」 体験談一覧へ

参加者名:Y. K さん
参加年度:2013-2014
派遣地域:アメリカ/カリフォルニア州
派 遣 校:Verdugo Woodlands Elementary School

 私は2013年8月から2014年6月までの10か月間をカリフォルニア州にある公立小学校でインターンとして過ごしました。現在この記事を書いているのが5月ですので、インターン終了も目前です。今回この記事では、インターン生活を振り返って、@ホストファミリーとの生活、A学校での仕事、Bインターンを通しての感想、の三点に分けて紹介します。

 まず@ホストファミリーとの生活です。私の場合、ホストファミリーが10か月の間に3家族おりました。大体3〜4か月に1度は引っ越しをするペースです。私は渡米前一人暮らしをしていたため、子供のいる家族と一緒に生活できることがとてもうれしかったです。どのホストファミリーの方たちからも、私たちインターンを大切に扱って頂いていることを感じられました。

到着したばかりの時は、右も左もわからず、ホストファミリーの手助けがなければ携帯電話の購入や銀行口座の作成などどれもとても難しかったと思います。一つ一つの家族には、それぞれの習慣があり、考え方があったので、それを家族の中に入って体験できたことは大変貴重な経験です。平日は学校の送り迎えをしていただき、土日は家族でどこかに連れて行って頂いたり、ご飯を用意して頂いたりと、本当にどのホストファミリーの方たちにも感謝でいっぱいです。一緒にくらすということで、気になる点はあるかもしれませんが、常にオープンに、柔軟に接して、自分が家族や友達にするような気遣いをホストファミリーにもしていれば良い関係は気づけると思います。ただ、インターンはホストファミリーから与えてもらうことがとても多いので、それが当たり前にならないようにすること、感謝の気持ちを忘れないことは大切かと思います。

 次にA学校での仕事についてです。これは担当する学年によってすることがだいぶ違います。私は2年生の担当でした。この学年は比較的態度もよく、頭の良い子が多い学年でした。基本的には、教材作成や事務的作業、担当教師の指導中に落ち着かない生徒がいれば注意をしたり、生徒の作業の補佐をすることが多いです。他にも毎週の宿題作成や、スモールグループのレッスン担当等、TA の仕事は多岐に渡ります。

 最初に生徒と接するときは、何が大切か、どんなことに気を付ければよいかをあまりわからずに不安なことも多かったです。ただ、担当の先生やほかの先生方にもいろいろと助けて頂けるのでとても心強かったです。担当の先生からはとても学ぶことが多いです。もちろん何を教えるかもとても大事なのですが、その前にクラスマネジメントがうまくいっていなくて生徒たちが何も聞いていなければ、どんなにすばらしい授業計画でも、生徒たちにとっては意味のないことになってしまいます。まずは「生徒たちが授業をしっかり受ける環境を作るには何が必要か」を第一に考えて子どもたちと接することで、授業がとても楽になるということを学べました。クラスマネジメントの点では、生徒を叱ることを恐れてはいけないということも学べました。初めは生徒に対して厳しくすることに慣れませんでしたが、自分の中で「何をしたら注意するのか」「何のためにそうするのか」を明確にしていれば、ぶれることなくやり通せると思います。インターンとしてできることはたくさんあるので、自分で仕事を見つけられると断然面白いと思います。

 最後にBインターンを通しての感想です。私がインターンに参加した年は、大学生や大学院生が多く、社会人経験者はかなり少数派でした。これからインターン参加を考えている方たちにも、学生の方もいれば、会社を辞めて渡米することを考えている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうなると、お金のことや帰ってから仕事が見つかるかなど、いろいろな不安があるかと思います。私も仕事を辞めること等、悩まなかったと言えば嘘になります。ただ、「参加してみたい」という気持ちを持った以上、挑戦する価値は十分あります。そして実際に参加してみて、アメリカの公立小学校で働く経験や、いろいろな人との出会い、そしてその人たちから学べること、すべてが私にとってプラスに作用しています。日本では体験できない経験や、出会えない価値観、得られるものがたくさんあり、自分がまだまだ成長できることを実感した10か月でした。これまでが私のインターン体験談です。

 私は、この体験談を読んで、少しでもインターンに参加したいという方たちの背中を押すことができればと思いながらこの記事を書きました。人によって体験することや、学べることは異なるかと思いますが、きっとすべてがプラスになります。たくさんの方にこのインターンに参加して、貴重な体験を得て頂きたいです。


Copyright© ISECE. All rights reserved.