Home
協会案内
事業案内
提携団体
プログラム

会員募集
お問い合わせ
プログラム約款
資料請求


オレゴン州ポートランド市
教育委員会公認のプログラ
ムに参加してみませんか!
詳細はこちら


カリフォルニア大学語学研修プログラム
世界的にも有名なカリフォル
ニア大学のエクステンション
で語学研修にチャレンジして
みませんか!
詳細はこちら

アシスタント教師派遣


アメリカ/オレゴン州イマージョン教育実施校へのアシスタント教師派遣プログラム


Q01 応募条件は絶対条件ですか?
ビザ取得にあたり、必ず何らかの教育に関連した免許や資格もしくは修了書を取得していることが重要です。必ずしも教員免許(見込み含む)ではなく、日本語教授法420時間コース修了者や検定試験合格者なども対象になります。もし、ご自分の持っている教育関係の資格や取得が該当するか不明な場合にはISECEまでお問い合わせください。

Q02 英語の試験を今まで受けたことがないのですが・・・ TOEFLやTOEICを受験しないと応募できま
せんか?
ISECEの二次審査で行なっている英語のテスト(ペーパーと面接)を受けていただき十分な結果を出して頂けましたら必ずしも過去に英語の公式な試験を受けたことがなくても大丈夫です。

Q03 応募するのに年齢制限はありませんか?
年齢制限はあります。出発時において35歳以下である事が条件です。現在、36歳以上の方の
J1ビザ取得は大変難しくなっています。

Q04 忙しくて説明会に参加したいのですが、参加できません。
ISECEでは希望に応じて個別に電話やオフィスで無料で相談も受けております。気軽にお問合せ下さい。

Q05 アメリカ滞在中お金は毎月どれくらいかかりますか?
基本的に滞在費、食費などは無料になりますので、毎月必要になるのは大体2万円程度のおこづかいになります。ただし各自により必要なおこづかいの額は変わってくるようです。

Q06 選考試験を順次行なうということですが、早めに応募したほうがよいのでしょうか?
はい、応募があった段階で審査は行なっております。ただし最終的な締め切りまで最低でも1名以上の枠は残してあります。ISECEとしてはお早目のお申し込みをお勧めしています。

Q07 審査日程などは選べますか?
はい、審査日程は各自のスケジュールにあわせて調整させて頂いております。働いている方にも対応できるようスケジュールは融通させて頂いております。

Q08 派遣先は選べますか?
派遣先に関しては希望を出して頂く事が可能です。基本的に他の参加者と希望がだぶらない限りは皆様の希望が通ることになっています。ただし、一定の派遣先に希望が集中した場合には現地の担当教員が派遣先を決定することになります。

Q09 現地にはお金をどうやってもっていけばいいのだろう・・・ アメリカで生活したことがないためいろいろ
不安ですが
ISECEでは出発前にオリエンテーションを行なっておりますので安心してアメリカへ出発できることができます。今までの参加者からもいろいろアドバイスをもらっているので具体的なアドバイスができると思います。

Q10 現地滞在中問題があったらどうしよう・・・
現地では担当教員、ホストファミリーそしてISECE現地コーディネーターが問題があった際にはサポートしてくれます。日本ではISECEのプログラムコーディネーターがご相談にのらせて頂いております。

Q11 将来の就職が不安だ
プログラム終了後、学校から修了書をいただけます。こちらを帰国後の就職活動の際に役立ててください。また参加者の中には長年教員や日本語教師をやっていらっしゃるベテランの先生もいます。こういった同期インターンからも多くを学べるのではないでしょうか?しかし、何よりもイマージョン教育というすばらし教育法を実際に目にして学べるというのは将来的にも大きなプラスになると思います。参加者の中には一時休職をして1年間プログラムに参加される方もあります。特に教師であると無給ではありますが最近では1年間休職を取ることも可能のようなのでぜひご検討ください!
▲Topへ ▼Back ▼プログラムへ

Copyright© 2002 - 2008 ISECE. All rights reserved.